スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死んだので捨てた」犬72匹の死骸“投棄” 男逮捕

注)特定の団体との関連は不明です
業者も犯人も責任はありますが
犯人よりの記事と業者よりの記事があります
秋田朝日放送
http://www.aab-tv.co.jp/news/ann_shownews.php?id=000039035&cat=99
男は「搬送中に死んだので捨てた」と供述しています。

 宇都宮市の河川敷などで小型犬の死骸72匹と生きた犬8匹が捨てられているのが見つかった事件で、警察は18日、無職の木村正樹容疑者(39)を逮捕しました。警察によりますと、木村容疑者は以前、ペットショップで働いていた際に知り合った県外に住む知人から、先月末に80匹の犬を引き取りました。その後、犬を木箱に入れてトラックに積み込み、長時間、餌(えさ)や水を与えないままにしていたということです。木村容疑者は「搬送中に死んだので捨てた」と容疑を認めています。


「箱を開けたら死んでいた…」犬70匹遺棄事件犯人が懺悔告白
2014年11月22日 7時0分
女性自身
http://news.livedoor.com/article/detail/9496507/
(週刊FLASH12月2日号)
「栃木県で70匹あまりの犬を捨てたのは、私です。関連する業者の皆さんや愛犬家の方々には、本当にご迷惑をおかけました。申し訳ありません」

本誌の取材にそう謝罪の言葉を述べ、頭を垂れたのは、栃木県内の元ペットショップ店店員A氏(30代後半)だ。これまで関東圏のペットショップ数店を転々としていたが、現在は無職とのこと。

10月31日と11月5日、栃木県宇都宮市と那珂川町で相次いで発見された約70匹の犬の死骸。栃木県警は現在廃棄物処理法違反容疑で捜査中だが、A氏はすでに11日に宇都宮東署に自首していた。そのうえで「事実を知ってもらい謝罪したい」と、事件の顛末を話すことにしたという。
以下リンク先


犬の大量遺棄、容疑者に譲渡した愛知の繁殖業者証言 「毎日、顔浮かんでつらい」
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20141123/1787345
11月23日 朝刊下野新聞
 県内で小型犬の死骸が相次いで見つかった事件で、廃棄物処理法違反などの疑いで逮捕された那須塩原市共墾社1丁目、元ペットショップ従業員で無職木村正樹容疑者(39)に犬を引き渡した愛知県の繁殖業者が22日、同県内の店舗で下野新聞社の取材に応じ、「渡した犬は約90匹。(木村容疑者が)引き取りを申し出、100万円の振り込みを要求された」などと証言した。

 繁殖業者によると、木村容疑者とは愛知県内で開かれた犬売買のイベントで知り合った。木村容疑者から繁殖犬を預かり、産まれた子犬を戻す関係だった。

 飼育頭数の増加に比例し餌代など管理費が膨らみ、家賃が払えなくなった。10月中旬に年内の廃業を決めたという。

 木村容疑者に廃業の意向を伝えたところ、「引き取るよ。取りあえず100万円を振り込んでほしい」と言われた。また、さらに費用が増す可能性も示唆された。

 約90匹のうち、約30匹は木村容疑者から預かっていた犬だったといい、「決していい飼育環境だったとはいえない。(犬は)別れる時、真剣な目で私を見ていた。毎日、顔が浮かんでつらい」と涙ぐんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。