スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼崎連続変死:支配の実態は…19日から角田被告公判

毎日新聞 2014年11月17日 19時58分(最終更新 11月18日 03時36分)
http://mainichi.jp/select/news/20141118k0000m040059000c.html
8人が死亡した兵庫県尼崎市の連続変死事件で、2人に対する殺人罪などに問われた角田(すみだ)優太郎被告(27)の裁判員裁判が19日から神戸地裁で始まる。自殺した美代子元被告(当時64歳)の息子で、起訴内容を争うとみられる。一連の事件で、殺人罪に問われた被告の審理は初めて。関係した家族を暴力で服従させたとされる「支配」の実態が解明されるか、注目される。
 判決は来年3月中旬で公判は28回の予定。妻瑠衣被告(29)=殺人罪などで起訴=ら親族4人が証人出廷する。優太郎被告は尼崎市内のマンションで同居していた美代子元被告らと共謀し、2005〜11年、2人を殺害するなどしたとされる。逮捕当初、大部分の容疑を否認していた。
 優太郎被告は13年1月、橋本次郎さん(当時53歳)の死体遺棄罪を巡る初公判で認否を留保。その後の審理は中断している。【後藤豪】
 ◇角田優太郎被告の起訴内容
 (1)2005年に沖縄県の崖で転落死した角田久芳さん(当時51歳)への殺人、詐欺罪(2)09年死亡の皆吉初代さん(同59歳)を07年に和歌山県から連れ帰ったとする加害目的略取罪(3)尼崎市の民家から遺体で見つかった仲島茉莉子さん(同26歳)への殺人、監禁罪(4)尼崎市の民家から遺体で見つかった安藤みつゑさん(同67歳)への監禁罪(5)久芳さんの弟、橋本次郎さん(同53歳)の遺体を岡山県の海に捨てたとする死体遺棄罪。
 ◇「本当のことを話してほしい」
 「あんなに仲が良かった家族。2人が可哀そうでならない」。弟の元妻、皆吉初代さん(当時59歳)と、めいの仲島茉莉子さん(同26歳)を事件で失った男性(72)=香川県綾川町=は週に1度、弟一家が暮らした高松市内の家を訪ね、冥福を祈っている。公判を前に、「本当のことを話してほしい」と優太郎被告に求めた。
 弟一家は2003年、美代子元被告らに乗り込まれ離散、事件に巻き込まれたとされる。それまで男性は月に2、3回は弟宅を訪ねる仲だった。初代さんは物静かで教育熱心。茉莉子さんは勉強がよくでき、ピアノの練習に励み、上達していく姿が印象的だったという。「よくバーベキューをして楽しんでいた。仲が良くて子供を大事にする家庭だった」と振り返る。

「罵声浴びせられ続け同居」 尼崎連続変死元被告の義妹
2014年11月21日14時59分朝日新聞
兵庫県尼崎市の連続変死事件で、自殺した角田(すみだ)美代子元被告(当時64)の息子、優太郎被告(27)=殺人罪などで起訴=の裁判員裁判の第3回公判が21日、神戸地裁であった。元被告らと集団生活していた義妹の三枝子被告(61)が検察側証人として出廷。「本心で一緒に暮らし始めたわけではない」と述べた。
 2005年に転落死した角田久芳さん(当時51)をめぐる殺人罪などの審理。この日、起訴された元被告の親類縁者の証人尋問が始まった。三枝子被告も久芳さん事件を含む3件の殺人罪などで起訴されている。
 三枝子被告は紫色のジャージー姿で、緊張したような表情で証言台の椅子に座った。元被告を「美代子」と呼び捨てにした。以下は会員限定
http://www.asahi.com/articles/ASGCN6D47GCNPIHB038.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。