スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栩内被告第5回公判、次回論告求刑へ

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141125-1400880.html
日刊スポーツ
覚せい剤取締法違反などで有罪の歌手ASKA(本名・宮崎重明)(56)の知人で、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた栩内(とちない)香澄美被告(37)の第5回公判が25日、東京地裁で行われた。

 栩内被告は、根元が黒く、そのまま伸ばしたロングヘア。上下紺色、黒のヒール、少し化粧をした顔立ちで出廷した。この日は、答弁する機会はなかったが、裁判のやりとりを、しっかり前を見つめながら聞いていた。
 先月21日に行われた第4回公判で、弁護側は栩内被告の第3次毛髪鑑定を求めていたが、鈴木巧裁判長はこれを棄却。
 証拠調べがすべて終了し、次回は12月11日午後1時半から同所で、論告求刑が行われる。弁護側は最終弁論について、論告から日を空けることを要望。6日後の17日午前11時30分から30分時間を設けることを、裁判長は「あくまで予定ですが」と認めた。
 [2014年11月25日19時55分]

保釈後もセレブ生活 ASKA愛人・栩内被告の膨大費用はどこから?
2014.11.25 zakzak
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20141125/enn1411251144011-n1.htm
「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明、56)=執行猶予付き有罪判決が確定=の愛人で、覚せい剤取締法違反(使用)罪で起訴された栩内(とちない)香澄美被告(37)の第5回公判が25日午後、東京地裁で開廷。先月21日の前回裁判から約1カ月ぶりに公の場に姿を現すが、保釈後は刑事裁判中の被告とは思えない優雅な生活を送っているという。

 先月9日に保釈された栩内被告。保釈後初めての裁判となった前回法廷では、毛髪鑑定を再度やってほしいため「真っ先に美容院に行きたかったけれど我慢しています」と証言。茶髪の根元部分が黒くなった“プリン”の状態のままで決死の覚悟をうかがわせたが、その生活実態は、意外にもセレブなものという。

 「保釈されて東京拘置所から高級外車で向かった先は、都内の高級ホテル。ホテルで2週間ほど過ごした後、逮捕前に住んでいた南青山(東京)ではなく、現在は都内のマンションにいるようだ」(栩内被告周辺者)。別の関係者は「栩内被告の親族が一緒に住み、身の回りの世話をしているという話もある」と語る。

 栩内被告が滞在していたとされる高級ホテルは最も安い部屋でも1泊3万~4万円。これに保釈金300万円、弁護団3人の弁護費用、都内マンションの家賃…と合計すると普通の30代OLには、まかなえないような金額になる。
「否認事件は手間がかかるため、弁護士費用は高くなる。弁護団3人の着手金の相場は最低でも150万円。ただ、栩内被告の弁護団の1人は大阪の超大物ヤメ検なので、500万円は出している可能性はある。これに2審、最高裁と続けば着手金はさらに上がるし、無罪になれば成功報酬として1000万円は払うことになるだろう」(ある刑事弁護士)

 1審だけでもざっと計算して1000万円近い出費となる目算だ。

 謎が深まる栩内被告の懐事情。保釈条件としてASKAとの接触禁止が付けられているとみられ、ASKAではない別のスポンサーが、バックアップしている実態が透けて見えてくる。

 25日は証拠の認否が行われ、別の期日に、検察側の論告求刑、弁護側の最終弁論が行われる予定だ。「年内の判決言い渡しは難しい。有罪となったら控訴するのは確実で、さらに長期化するだろう」(司法関係者)

 法廷では時折笑顔を見せるなどASKAより大物感を漂わせる栩内被告。あしながおじさんの存在が、被告の支えになっている可能性がある。

ASKA愛人の挧内被告、劣勢のまま、12・11の論告求刑へ
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/338165/
東スポウェブ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。