スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法廷で「韓国国民に謝れ」、前支局長の車に生卵

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141127-00050057-yom-soci
読売新聞 11月27日(木)12時11分配信

【ソウル=吉田敏行】韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の私生活に関するうわさを報じたコラムで情報通信網法の名誉毀損(きそん)罪に問われた産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長(48)の公判が27日午前、ソウル中央地裁で始まった。
 電子版の記事掲載から約4か月。出国を禁止されている加藤氏は法廷で「誹謗(ひぼう)する意図はなかった」と起訴事実を全面的に否認し、争う姿勢を鮮明にした。
 公判は午前10時前に開廷。検察側が起訴状を朗読すると、加藤氏は、手元の書類を見ながら厳しい表情で聞いた後、検察官席をまっすぐに見つめた。
 傍聴席約30席の小さな法廷は立ち見を含めて約70人で埋まった。保守団体のメンバーとみられる韓国人男性が「韓国国民に謝れ」などと大声で叫び、退廷させられる場面もあった。地裁周辺では、保守団体のメンバーが集まり、閉廷後、加藤氏が乗った車に生卵を投げつけた。
最終更新:11月27日(木)14時11分

「韓国に謝れ!」産経新聞前ソウル支局長の乗った車が取り囲まれる(動画)
The Huffington Post
投稿日: 2014年11月28日 11時45分 JST 更新: 2014年11月28日 11時45分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2014/11/27/sankei-korea_n_6234426.html
朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして、産経新聞の前ソウル支局長加藤達也氏が韓国で裁判を受けている問題で、11月27日、韓国の保守団体メンバーが加藤氏の乗る車を取り囲み、卵を投げつけるなどして抗議する事態が起こった。
報道をめぐり、外国メディアの記者を起訴するのは異例。27日にソウルで行われた日韓局長級会議では、外務省の伊原純一アジア大洋州局長が遺憾の意を伝えている。

2014.11.28 06:00更新 【本紙前ソウル支局長公判】
米政府が「懸念」を韓国に伝達 「批判者に罰、取材を抑制」
http://www.sankei.com/world/news/141128/wor1411280003-n1.html
【ワシントン=青木伸行】韓国検察当局による産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の在宅起訴と前後し、米政府が韓国政府に、「言論・報道の自由」を阻害するという観点から懸念を伝達していたことが、27日までに明らかになった。
 米側は外交ルートを通じ、(1)米政府は言論・表現の自由を支持している(2)韓国の法制度には、政治指導者を批判した者が罰せられ、取材活動を抑制する恐れがあるという懸念がある-などを伝えた。
 こうした問題点を米政府はかねてより、国務省の「国別人権報告書」で指摘してきた。加藤前支局長のケースは米政府の憂慮の核心をなす事例といえる。伝達した内容は、言論・報道の自由に対する基本的な立場を示すものだが、実質的には韓国側に抑制的な対応を求めたものだといえる。
 背景には、この事案が日本と韓国の外交問題に発展したことから、両国関係がさらに悪化することを抑止するという思惑もあった。
 米政府は公判と判決の行方を注視している。加藤前支局長に対する出国禁止措置が長期化していることについても、人道上の観点から憂慮している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。