スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー映画:北朝鮮が非難の「ザ・インタビュー」公開中止

注)北朝鮮の批判を一切許さない体制は某団体と似ていますので、
被害を受けたのがアメリカでソニーが買収した映画会社というのが複雑な事件です。

http://mainichi.jp/select/news/20141218k0000e030212000c.html
毎日新聞 2014年12月18日 11時41分
【ロサンゼルス堀山明子】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺を題材にしたコメディー映画「ザ・インタビュー」を製作したソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE、本社ロサンゼルス)は17日、クリスマス休暇に合わせて25日封切り予定だった映画の公開を中止すると発表した。公開を控え同社は大規模なサイバー攻撃を受けていたほか、北朝鮮も映画を激しく非難していた。
SPEは17日の声明で「我々は映画配給を阻止しようとする恥知らずの試みに深い悲しみを覚える」と批判した。今後の劇場公開は未定だ。
 サイバー攻撃を仕掛けている「平和の守護神」を名乗るハッカー集団は16日、「映画を見た者は苦い破滅を味わう」と、劇場へのテロ攻撃を示唆。また「クリスマスプレゼントがある」と、新たな攻撃もほのめかしていた。
 CNNによると、全米に系列映画館を持つAMCなど大手4社が17日朝、映画館へのテロ攻撃を警戒して上映中止をSPEに伝え、SPEは公開中止を決断せざるを得なかったという。18日にニューヨークで予定されていた先行上映会も取りやめになり、広報宣伝にも支障が出ていた。
 朝鮮中央通信によると、北朝鮮の国防委員会広報担当者は7日、映画について「最高指導者の威厳をおとしめてテロ活動を扇動する映画」と反発。サイバー攻撃への関与は否定しているが、AP通信によると、米捜査当局は「北朝鮮が攻撃の背後にいる」と指摘。米議会で北朝鮮への追加制裁論も出ている。

ソニー・ピクチャーズ流出情報の報道抑制を要請
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H4B_W4A211C1EAF000/
2014/12/16 11:34日本経済新聞
 【ニューヨーク=稲井創一】ソニー傘下のソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)が、サイバー攻撃を受け流出した情報に基づいて報道することを控えるよう米メディアなどに通知していたことがわかった。流出した情報には従業員の給与情報や俳優の個人情報も含まれるとされる。情報流出の拡散防止に向け、SPEは異例ともいえる報道抑制の要請に踏み切った。
 SPEの代理人であるボーイズ弁護士が14日付で、ニューヨーク・タイムズ紙やブルームバーグ・ニュースなどに書面で要請した。ブルームバーグ・ニュースによると、ボーイズ弁護士は、流出したデータは破棄すべきで、知的財産権や給料などの情報が報道で公表されることに伴う損害の責任を、メディアは問われると主張したという。SPEは「文書についてのコメントは控える」と話した。

 11月下旬のSPEに対する大規模なサイバー攻撃を巡っては、今月25日に予定されている北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしたコメディー映画「ザ・インタビュー」の公開中止を求める北朝鮮の関与が指摘されている。15日までに、一部の報道で撮影中の人気スパイ映画「007」シリーズ最新作の脚本が流出したことがわかっている。

<ソニー・ピクチャーズ>中傷の私信流出、報道自粛を要請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141217-00000001-mai-n_ame&pos=4
毎日新聞 12月17日(水)0時50分配信
 【ロサンゼルス堀山明子】ハッカーによる不正アクセスで米映画会社、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE、本社・ロサンゼルス)の社内文書がインターネット上に大量流出した問題で、ニューヨーク・タイムズ紙などは15日、SPEが、流出文書に基づく報道をしないよう要請したと報じた。流出した文書の中に、複数のハリウッド俳優に対する中傷や、オバマ大統領への人種問題に絡めたジョークを飛ばした同社幹部の私信メールが含まれており、SPEは危機感を募らせている。
 報道によると、SPE代理人は、流出文書に基づく記事は「知的財産権の侵害」と警告する文書を14日付で送った。ハッカー攻撃は11月下旬にあり、今月初めになって幹部の私信メールの内容が報じられ、波紋を広げていた。

 SPEは12月25日に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺計画を描いたコメディー映画「ザ・インタビュー」を公開予定で、米メディアは北朝鮮が攻撃に関与している可用性を報じている。ハッカーは公開日に合わせ、「クリスマス・プレゼントを準備している」と新たな攻撃を予告しており、SPEの報道規制はその警戒ともみられる。

ソニー映画会社への攻撃、支援者による正義の行い=朝鮮中央通信
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0TR0M820141208
2014年 12月 8日 09:43 JST
[ソウル/ボストン 7日 ロイター] - 北朝鮮国営メディア朝鮮中央通信社(KCNA)は7日、ソニー 傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントが受けたサイバー攻撃について、北朝鮮の支援者によるものだとの見方を示し、国家による攻撃との観測を「でたらめなうわさ」と否定した。
KCNAは「ソニー・ピクチャーズへのハッキングは、北朝鮮の訴えに呼応した支援者や同調者による正義の行いだろう」と報道。韓国に対し「ハッキングに北朝鮮が関与しているとの誤ったうわさを流布している」と非難したほか、「世界には北朝鮮の支持者や同調者が多数いる」と米国に警告した。

KCNAによると、「平和の守護者」を名乗る集団がサイバー攻撃への関与を表明しているという。

ソニー・ピクチャーズは北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺をテーマとしたコメディー映画「ザ・インタビュー」を製作し、今月25日から公開する予定。これに対し北朝鮮は強く反発しており、映画について「戦争行為」だと非難している。

 さらにハッカーから、映画「ザ・インタビュー」の公開を予定している25日に合わせ「クリスマス・プレゼント」として新たなデータを提供するとメディア各社に通告があったという
SPEによる異例のメディアへの要請の背景には、終わりの見えない情報流出による被害を最小限にしたいとの狙いがありそうだ

ソニー・ピクチャーズ、流出した社内メールでオバマ大統領に謝罪
2014年12月12日 09:52 発信地:ロサンゼルス/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3034096

ソニーwikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC
本社所在地
日本〒108-0075東京都港区港南一丁目7番1号
ソニーシティ
北緯35度37分52.3秒 東経139度44分37.5秒
1989年、コロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメント(現、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント)を買収[39]。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。