スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栩内被告、最終弁論で改めて無罪を主張

http://www.ytv.co.jp/press/society/TI20160761.html
YOMIURI TV
(12/17 14:00)
覚醒剤を使用したとして、歌手のASKA元被告とともに起訴された栩内香澄美被告(37)の裁判で、栩内被告は「自分の意思で覚醒剤を使用したことはありません」と改めて無罪を主張した。

 ASKA元被告の交際相手・栩内香澄美被告は今年5月、覚醒剤を使用した罪に問われている。17日に東京地裁で行われた最終弁論で、栩内被告は「自分の意思で覚醒剤を使用したことはありません」と改めて無罪を主張した。また、弁護側も「ASKA元被告に知らぬ間に使用させられた」と主張した。

 一方、検察側は、たばこの吸い殻など日常的に使っているものにも覚醒剤が付着していたことから、「自らの意思で使ったことは明らかだ」として、栩内被告に懲役2年を求刑している。裁判は17日で結審し、判決は来年1月13日に言い渡される

2014.12.17 12:24更新 産経ニュース
覚醒剤使用、栩内被告「自分の意思で使用していない」 判決は来年1月13日
http://www.sankei.com/affairs/news/141217/afr1412170016-n1.html
 歌手のASKA(本名・宮崎重明)氏(56)=懲役3年、執行猶予4年の東京地裁判決が確定=と共謀して覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた知人の栩内(とちない)香澄美被告(37)の公判が17日、東京地裁(鈴木巧裁判官)で開かれた。栩内被告は最終意見陳述で「私は自分の意思で(覚醒剤を)使用していない。今まで話してきたことを信じていただきたい」と述べて結審した。判決は来年1月13日。

 弁護側は最終弁論で「ASKA氏とのメールのやりとりから、栩内被告が覚醒剤を容認していないことは明白だ」と無罪を主張した。

 検察側は11日の論告で「覚醒剤成分が検出された栩内被告の尿や毛髪の鑑定結果に疑問を差し挟む余地はない。自らの意思で複数回、覚醒剤を使用したのは明らかだ」として懲役2年を求刑した。
起訴状によると、栩内被告は今年5月、東京都内などで覚醒剤を使用したとしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。