スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【箱根駅伝】創価大初出場で学会員が貸切バスで大手町に集結

2015.01.02 11:30 DMMニュース
http://dmm-news.com/article/906582/
毎年、正月の風物詩といえば箱根駅伝だ。91回目を迎える2015年は、初出場・創価大学が注目されている。1972年の創部以来43年目の快挙ということもあって同大OB・OGはもとより経営母体ともいうべき創価学会に属する学会員たちからも熱烈なる声援を受けての出場だ。
 ある創価大OGの40代女性は、「地元学会員さんたちとしっかり連携を取り、2日は1区のスタート地点大手町に声援を送りに行く」と話す。陸上部OGでもない彼女が、同大OB・OGでもない創価学会員たちを連れて箱根に向かうのは、ひとえに「母校・創大と大学創立に携わった学会員さんたちに後輩たちの晴れ姿を見せたい」との思いに尽きる。

マイクロバスを貸し切って大手町に学会員が応援に
 こうした動きは全国の創価大学OB・OGの間で活発で、関西地方のある創価学会の組織では同大OB・OGらが中心となりマイクロバスを借り切ったり、旅行社に交渉して「創価大箱根駅伝ツアー」を独自に組んで箱根に向かったという。
「スポーツは結果ではない。これを通して何を得たかが大事。私の属する学会の地区(註:創価学会組織の活動上の単位)では、箱根駅伝で創大陸上部員たちが今後の人生の糧になる結果が得られるよう必死に祈りました」(創価大OG女性)
 そんな学会員たちの声援を受けて力走する同大陸上部は、スタート地点である東京・大手町から鶴見までの1区を走るのは3年生キャプテン・山口修平だ。赤と青のストライプに黄色の「創価大学」の文字が赤・青・黄揃った“3色”。大学がルーツとする創価学会カラーである“三色旗”と重なる。
 報道では沿道を“三色旗”で埋め尽くすのではとの予測もあった。だが前述OGによると、「関東在住のOBらから出場校すべての応援の公平性を期す目的から行き過ぎた応援で迷惑をかけないように」との連絡があり、“3色旗”は封印。代わりに大学のブランディングカラーである青色に白で大学名が書かれた幟や読売新聞社や報知新聞社などの共催元などのマスコミ各社が配る旗を手に声援を送る。

行き過ぎた応援で注意される一幕も
 テレビ中継ではピンク色のジャケットを着た男性が、青地に白色で大学名を書いた紙をカメラ目線でかざした後、「年男↓」という紙を再びふりかざし大会役員から注意される一幕もあった。
「もし本当に創価大を応援している人なら大学OGとして恥ずかしい限り。創価大を応援している者としてお詫びします」(先述の創価大OG)
 初出場ながら力走をみせる創価大だが、応援するのは「すべての創価大OB・OG」だ。創価大は創価学会員が多いが、司法試験や外交官試験、教員採用試験の実績から非学会員も数多い。そうしたOB・OGのほか、創価学会とはもう縁のない「元学会員創価大OB・OG」もいる。
「信心、活動をしているOB・OGも、信仰においては、必ずしも一枚岩ではない現実もある。そうしたなかで今はもう学会を離れた人、信心していない創価大OB・OGもひとつになれるのがこの箱根駅伝。立ち居地は違えど母校への愛校心に寸分の違いはありません」(冒頭部で紹介した創価大OG)
 初出場したことで、十分な効果は発揮したということか。この快挙に、立ち位置問わず創価大OB・OGは皆、歓喜に沸いている。
(取材・文/秋山謙一郎)

神奈川県警と読売が悩む創価大の箱根駅伝初出場
月刊FACTA 2014年12月10日(水)15時12分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141210-00010000-facta-soci
神奈川県警が来年1月2日の「G問題」に頭を悩ませている。「G」とは学会(創価学会)の隠語。今年10月の予選会で創価大学が箱根駅伝初出場を決めてから、急に忙しくなった。箱根駅伝は1月2日と3日に行われ、往路優勝が争われる1月2日は池田大作名誉会長の87歳の誕生日に当たる。このハレの記念日に、創価大が箱根駅伝に初出場すれば、大挙して学会員が繰り出すに決まっている。県警そして警視庁もG応援団に備えて警備態勢づくりを開始した。
初出場を決めた瀬上雄然監督は機関紙「聖教新聞」の取材に「創立者(池田氏)をはじめ、長年支えて下さった『世界一の応援団』の悲願を実現でき感無量」と答えていた。学会員の応援に力が入るのは当然だ。
懸念されるのは沿道に繰り出す大声援団。もともと当日は大変な人出があるだけに事故防止によほどの注意を払う必要がある。
一方、読売新聞は「小旗問題」を気にしている。例年、箱根駅伝の沿道は、読売新聞の小旗を持った応援の人たちで埋め尽くされるが、池田氏の誕生日ということで、学会員が学会旗である『三色旗』を打ち振りはしないか。「沿道が三色旗で埋まると『学会の大会』のようになってしまう」と読売幹部は心配する。
重い病から回復しつつあるとされる名誉会長が、どんなメッセージを寄せるかも注目される。

箱根駅伝に創価大が初出場 沿道の応援で注目のポイントとは
http://www.news-postseven.com/archives/20141230_294253.html
2014.12.30 07:00 ニュースポストセブン
第91回目となる箱根駅伝が1月2日と3日の2日間、行なわれる。東洋、駒澤、早稲田、青山学院など、有力校による優勝争いも興味深いが、優勝争いとはちょっと違うところで注目を集めるのが初出場の創価大だ。
 創価大は公称827万世帯の信者数を誇る創価学会の池田大作・名誉会長が創立者。機関紙『聖教新聞』がエントリーメンバーを1面で報じるなど、会をあげて盛り上がりを見せている。創価大OBが語る。
「予選会突破が決まった直後に学会側から『おめでたいことだから一口5000円で寄付をしてください』との通知が来ました。以前は運動部のスポーツ推薦の学生は学会員ではないことが多かったが、最近は学会員も増えたと聞く」
 往路のレースが行なわれる1月2日は池田名誉会長の87回目の誕生日ということもあり、「大学としてラジオ中継に創価大CMを打つなどして景気づけするのでは」(同前)とみられている。
 予選会では主将の山口修平(3年)を中心に集団で固まって走って全員のタイムを底上げした。予選会10位でギリギリ出場が決まると瀬上雄然・監督が胴上げで宙に舞い、その横で「三色旗」が振られた。
 赤・黄・青のカラーは学会の三色旗と同じだが、創価大の旗は真ん中にペンをモチーフにしたマークがあしらわれるという微妙な違いがある(ちなみに駅伝のユニフォームは赤青の縦縞に、首回りが黄色いライン)。沿道に三色ののぼりが立つのか。創価大の広報に質問すると、「大学のブランディングカラーである青ののぼりを準備している」とのことだった。
※週刊ポスト2015年1月1・9日号
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。