スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MESSAGE

注)どなたが書かれているかわからない個人ブログより一部転載
他の音楽業界のかた同様、某団体とも仲のいい業界の権威のかたに何か申し上げるのは恐ろしいことですが、
自分が経験した宗教に関連した何かについて発言することはよくあることではないでしょうか?
http://www5e.biglobe.ne.jp/~ofrenda/94886883/

4/14 「山崎洋一郎」
『ホント、あの学校はゴミだ。
兵庫県神戸市の六甲高校!
いつか感謝する日が来るとか
言いやがった神父くずれの
校長! そんな日なんか来ねえ
よバカ。燃えちまえ!マジで
ムカつくぜ。』
(「激刊!山崎」-ロッキン・
  オン発行より)

ロックン・ロール!!
まさに、パンク!!

俺は、この人の言葉に今まで
どれくらい胸が透く想いを
味わってきたことだろう。
実はCDの中身以上に、この人
のライナーノーツの一文に感銘
を受けてきたことが多い。
ミュージシャン、アーティスト
にも多弁雄弁な人は少なくない
が、少なくとも俺は間違っても
雄弁家ではないし、自分のもっ
とも言いたいことをダイレクト
に伝えられなくて、いつももど
かしい想いを味わっている。
詩なら抽象的という姿で形に
出来るし、なにより音に乗せれ
ば、詩の中身内容以上に、感情
や衝動を表現することが出来る。
しかし文となると、俺は正確に
想いを表わすことが出来ない。
そんな本能では感じてるのに
言葉に説明出来ない想いを見事
なまでに代弁してくれるのが
山崎洋一郎だ。
実はロッキン・オンの長年の
愛読者でありながら、俺は
今までほとんど彼のコラムを
読んだことがなかった。その
10年間のコラムをまとめた
のが「激刊!山崎」。
俺の文体(おこがましいが)や
フレーズに山崎色が色濃く出て
いるとしたら、それはたぶん
ライナーノーツの影響からくる
ものだと思う。当然ながら、彼
の思想・考えに共鳴を抱きなが
ら育ってきて、今日までやって
きたから。

それにしても、自分の出身高に
対して、そこまでくそみそに
言葉を叩きつけるその精神たる
や、あっぱれである。ちなみに
俺も卒業した全学校、みな愛着
のかけらもない。どうだってい
い。それこそ、消えてなくなっ
ても構わない。いつまでも校歌
を歌える、そんな大馬鹿野郎共
ともいっさい付き合いがない。
基本的に、学生時代の連中とは
ほとんど付き合いがないんだが。
卒業文集なんて気持悪くて、と
っくの昔にみな燃やしちまった。
人生は、未来こそ全てだ!

この本は、ロッキン・オンに
縁がない人にこそ読まれるべき
だと思う。

山崎洋一郎wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E6%B4%8B%E4%B8%80%E9%83%8E
六甲高等学校、上智大学外国語学部卒業。

六甲中学校・高等学校wikipedia
六甲中学校・高等学校(ろっこうちゅうがっこう・こうとうがっこう、英:Rokko Junior and Senior High School)は、兵庫県神戸市灘区のカトリック修道会のイエズス会を母体をする中高一貫教育の私立男子中学校・高等学校。高等学校においては生徒を募集しない完全中高一貫校[1]。
イエズス会により、1937年(昭和12年)財団法人六甲中学校設立。翌年に旧制六甲中学校開校。イエズス会が日本で設立した最初の中等教育の学校である。それ以前には、1913年(大正2年)、東京に上智大学を設立している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E7%94%B2%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%83%BB%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。