スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

批判者を「ヘビ、犬畜生」言論界からも批判の声 創価学会 これが「宗教」の品性?2003年10月25日

注)最近はネットなどの発達により批判されることを恐れてか、記事のトーンも抑えられてきたようですが、
十年前まではこちらの宗教団体は機関紙でヘイトスピーチをされる団体でした。
ヘイトスピーチとは民族に対してとは限りません

2003年10月25日(土)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-25/15_02.html
 「創価学会『週刊新潮』攻撃 品性欠く言語感覚」──日本ジャーナリスト会議(JCJ)機関紙二十五日付が、こんな記事を載せました。
 創価学会が系列メディアを総動員した“新潮バッシング”を取り上げたもの。
 「言論暴力団のデマ新潮」「狂って赤っ恥」「幼稚な悪ガキ、デマ新潮」──聖教新聞が連発する悪罵(あくば)。JCJ機関紙は、こう批評しています。
 「薄汚い表現の羅列。宗教団体とは思えない言葉の暴力である。しかも、こうした批判記事の見出しがそのまま新聞広告や電車の中づり広告に執拗に掲載されている」。そして「メディア同士の相互批判は結構」だが、「学会はこうした『幼稚』な言葉使いを払しょくしてからスタートラインに立つべきである」と。
 ◯…一面を池田大作名誉会長礼賛で飾る聖教新聞。ページを繰ると一変します。学会批判者への罵詈雑言(ばりぞうごん)。長期連載の幹部座談会記事などの標的は『新潮』や日蓮正宗、日本共産党から一部民主党議員にも及びます。
 しかもその言葉は「ヘビ、犬畜生、クズ野郎、異常人格、前科者、色坊主、クソ坊主…」。これが秋谷栄之助会長らの言葉として登場します。
 誘われて学会の集まり(座談会)に出た首都圏の男性は言います。
 「共産党や新潮の悪口ばかり。それが聖教新聞の引き写しだと知って驚いた」

 ◯…「子供たちに読ませたくない口汚い日本語」のタイトルで学会メディアの品性を問うたのは『週刊文春』十月二日号。「家庭に配布されている新聞に、これほど人間性を否定するような内容が掲載されているなんて」という女性教師や、「(日蓮は)論争するときは激しい言葉を使いましたが(学会のように)相手の品格や人格をおとしめるような言い方はしていません」という浅見定雄東北学院大名誉教授の談話を紹介しています。人を動物扱いして極端に揶揄(やゆ)したり、前科や病歴を暴くやり方は名誉棄損、プライバシー侵害に当たるとも指摘しています。
 ◯…創価学会の批判拒否・言論抑圧体質の根は深い。一九七〇年の言論出版妨害では時の権力者・田中角栄自民党幹事長の力も借りました。
 いま、政権に入り、非課税の財力による巨大広告などでマスコミ工作をすすめる一方での、特定メディアや個人攻撃。『週刊新潮』もさまざまな問題を抱えていますが、それとこれとは別問題です。
 「君の言うことには賛成できないが、君がそう言う権利は、ぼくは命のかぎり擁護する」はフランスの思想家ヴォルテールのものとされてきた言葉。
 「批判は一切許さぬ。屈服するまでやる」がいまの創価学会。しかもそれを系列メディアを通して末端に浸透させ、あおりたてる。ファシズム的手法です。(虎)

正しい宗教と信仰【日蓮正宗】/真実の仏法を知るために
http://www.correct-religion.com/pages/souka05-09.html
日蓮正宗の信仰
→ 創価学会員の皆さんへ → 第五章 → 聖教新聞・創価新報などの下劣な報道に疑問を感ずる

創価学会は、表向きには「人権擁護(じんけんようご)」「平和団体」などの美辞麗句(びじれいく)を並べていますが、その一方では、聖教新聞などの機関紙において、眼を覆(おお)いたくなるような汚い言葉で人身攻撃を繰り返しています。
その例を挙げると、
「薄汚いドブネズミ」
「人間の皮をかぶった鬼畜(きちく)」
「衣を着た畜生(ちくしょう)」
「インチキ坊主」
「暗闇(くらやみ)を這(は)い回るどぶ鼠(ねずみ)は、社会の害毒」
このような記事を連日のように読まされる創価学会員の中には、あなたのように、「創価学会はいつからこのような下劣な集団になったのか」と、ひそかに疑問を持つ人も少なくないでしょう。
しかし、このような罵詈雑言(ばりぞうごん)を繰り返し聞かされているうちに、正常な人も感覚が麻痺(まひ)し、何の抵抗もなく創価学会に敵対する者に対して怨念(おんねん)を抱(いだ)くようになってしまいます。これが創価学会の狙いであり、洗脳教育なのです。
創価学会は、御法主上人や宗門の僧俗に対し、「破折(はしゃく)」と称して誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)を繰り返していますが、これは感情的な個人攻撃・人身攻撃であり、決して日蓮大聖人が示された「道理による破折」ではありません。
創価学会に身を置き、機関紙を目にしていると、邪悪で下劣な創価学会のイジメ体質がそのまま会員の命に反映され、会員自身の言動も精神も荒廃(こうはい)していくのは当然です。

特報/東京地裁―日蓮正宗僧侶への誹謗中傷記事で創価学会による名誉毀損を認定
フォーラム21 2006年04月01日
http://www.forum21.jp/2006/04/post_22.htm
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。