スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「EXILE」のファンは大ショック? オリコンランキング集計法が変更に

http://www.j-cast.com/2015/01/30226767.html
2015/1/30 19:56 jcast
オリコンランキングの集計方法の変更が発表され、人気グループ「EXILE」がピンチになるのではないかとの観測も浮上している。なぜ突如変更されたのかについても、様々な憶測が出ている。
オリコン・リサーチが2015年1月28日に発表した変更点は、ミュージックカードの売り上げについて、4月6日付のデイリーランキングからCDなどと合算集計しないという内容だった。
ミュージックカードは、裏面に書かれたコード番号を発売曲のダウンロードサイトで入力するというシステムになる。EXILEが2012年12月にベスト盤発売に当たって日本で初めてカードを採用し、その後、同じエイベックス系のグループなどで広まった。
発表では、ミュージックカード合算を止めた理由について、カード購入後の曲のダウンロード率は「音楽パッケージの販売」と認定するには低すぎたことを挙げた。その背景に、数百円程度とCDより安いことを利用して、複数枚のまとめ買いをさせようとするケースが見られたと指摘した。
こうした方法で売られたカードについて、「社会通念上、独立した一枚のヒットとはいいがたい」として、「ランキングの妥当性及び一般的な社会通念に照らして、相当ではない」と判断したという。ミュージックカード合算について批判的な意見が増加していたことから、オリコン側で検証を続けてきてこの結論に達したとしている。
実際、ミュージックカードの販売方法については、様々な疑問や批判が音楽ファンらの間で上がっていた。
例えば、EXILEについては、13年4月の発売曲「EXILE PRIDE」でメンバーの写真入りミュージックカードが14種類も発売され、ファンらがまとめ買いをしているとの情報がネット上でも流れていた。さらに、コンサート会場限定のカードを買うと非売品の「ミュージックカードコンプリートファイル」が先着順でもらえるといった方法で売り上げを増やしていた。
他ランキングとの比較で分かる?
その結果、「EXILE PRIDE」の曲は、半年近くたった13年9月にオリコンのシングルデイリーランキングで再び1位に返り咲いた。そして、10月にはEXILEのシングルで初めてミリオンセラーを達成し、12月にレコード大賞を受賞するまでになっていた。
今回、オリコンランキングの集計方法が変更されたことで、EXILEは一体どうなってしまうのだろうか。
ネット上では、CDショップの売り上げを中心にしたサウンドスキャンのランキングと比較すれば分かるのではないか、との指摘も出ている。14年のアルバムランキングでは、EXILE派生ユニットの「EXILE TRIBE REVOLUTION」がオリコンで8位だったのに比べ、サウンドスキャンでは暫定で19位に留まっている。もちろん、ミュージックカードを合算しないとこうなるとは、単純に言うことはできない。
一方で、ネット上では、オリコンのランキング上位は、握手券付のCDを販売しているアイドルグループらも占めているとして、こうしたCDも合算から外さなければ意味がない、との指摘も多い。CD購入後の開封率も低いとみられるからだ。ミュージックカード合算がなくなった背景には、CDを販売するレコード会社などに都合が悪くなったことがあるのでは、との憶測さえあった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。