スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎・中1殺害:逮捕の17歳少年「18歳少年が刺した」

注)特定の組織団体との関連は不明です

http://mainichi.jp/select/news/20150228k0000e040202000c.html
毎日新聞 2015年02月28日 15時00分(最終更新 02月28日 18時10分)
◇神奈川県警川崎署捜査本部が3人を横浜地検へ送検
 川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)の刺殺体が見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された少年3人のうち、17歳の無職の少年が18歳の少年について「殺害現場にいて上村さんを刺した」との趣旨の供述を始めたことが、捜査関係者への取材で分かった。18歳の少年は「現場にはいなかった」と供述しており、神奈川県警川崎署捜査本部は当日の状況をさらに詳しく聴く。 逮捕された17歳の少年2人は、26日夜から27日未明の任意聴取で「現場近くにいただけで(上村さんを)殺していない」と説明していたが、その後の調べに、無職の少年が「18歳の少年は現場にいた。自分は殺していないが、上村さんが血を流して倒れていた」、職業不詳の少年が「(18歳の少年と無職の少年、上村さんの)3人で河川敷に向かった。自分は現場近くにいた」との供述を始めた。一方、18歳の少年は捜査本部の調べに「当時のことは今は話せない」と供述し、聴取にしっかり応じていない。
 捜査本部は上村さんが殺害されたとみられる20日午前2時前後、現場近くの防犯カメラに逮捕された3人とみられる人物が映っているのを確認している。
 また、18歳の少年が、今年1月14日にも上村さんに激しい暴行を加えていたことが、知人らの証言で分かった。17歳の無職少年も暴行現場にいたといい、少年らが上村さんに日常的に暴行を加えていた疑いが出てきた。
 知人らによると、暴行があったのは、複数の仲間で集まっていた同日深夜から15日未明で、18歳の少年は上村さんともう1人の少年を屋外の駐車場に連れ出し、「生意気だ」と正座させたうえで拳で暴行した。17歳の少年は最初、18歳の少年を止めようとしたという。18歳の少年は当時酒を飲み、他の仲間が殴った理由を詳しく問いただすと「別に関係ねーじゃん」と答えたという。
 一方、捜査本部は28日、少年3人の自宅を家宅捜索した。18歳の少年宅には午前10時5分、段ボール箱を持った捜査員が入った。上村さんの一部の衣類や携帯電話が見つかっておらず、遺体の傷の形状から現場に落ちていたカッターナイフ以外にも凶器が使われたとみられている。
 また捜査本部は同日朝、3人を横浜地検へ送検した。

LINEから特定 少年数人一斉聴取へ
nikkansports [2015年2月27日9時34分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/1439722.html
川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で中学1年上村遼太君(13)の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で神奈川県警川崎署捜査本部は26日、事件に関わった疑いがある少年数人を特定、27日にも一斉に事情聴取する方針を固めた。一方、上村君と面識があったという1人の少年の父親が同日夜、代理人弁護士を通じ「(少年は)殺害とは無関係」とするコメントを出す事態になった。 上村君が最後に自宅から外出した19日夜から1週間。捜査本部は、現場河川敷近くの防犯カメラに写った映像などを解析。事件に関わった疑いのある少年数人を特定した。一方、上村君は事件前、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知人らから呼び出された可能性も浮上。捜査本部は上村君とやりとりした知人らを関係企業に通信記録を照会し特定する方針で、絞り込みをさらに進める。 上村君は19日夜、自宅で母親と食事をした後に外出、20日午前2時ごろに死亡したとされる。19日夜、携帯電話を持って外出したとみられるが、携帯電話は発見されていない。事件に関係する人物に奪われた可能性もある。
 上村君と同じ中学校の友人は、上村君が19日夜、年上の少年に呼び出されたとの情報があると別の友人から聞いたという。 死亡推定時刻の20日午前2時前後、元同級生の携帯に、上村君の携帯からラインで通信があったことも、元同級生の母親への取材で判明した。捜査本部はこの通信についても経緯を調べている。
 一方、上村君と面識があるとする少年の父親から依頼を受けた父親の代理人、矢口統一弁護士(41)が26日夜、川崎市内の事務所で取材に応じ、父親のコメントを明かした。矢口弁護士によると、父親は「上村君の事件につきましては、あってはならないことであり、ご遺族のお気持ちはいかばかりかと察してあまりあります。犯人には事件相応の罰を受けて欲しいと思っております」とした上で、「(少年は)上村君の殺害とは無関係です」とコメント。上村君と少年の関係について父親は「面識がなかったわけではない」と説明したという。
 矢口弁護士は24日に父親の依頼を受け、同じ日に少年とも会ったという。少年の主張、様子、事件当時どこにいたか、などについて矢口弁護士は「申し上げられない」とした。
 

18歳「何も言いたくない」…中1殺害3人逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150227-OYT1T50135.html
読売新聞 2015年02月28日 08時41分
川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年上村うえむら遼太君(13)が遺体で見つかった事件で、神奈川県警は27日、交友関係があったいずれも同区の自称無職の少年(18)と、17歳の少年2人の計3人を殺人容疑で逮捕した。
17歳の少年の1人は、現場にいたことは認めているが、自分が殺害行為に関わったことは否定。残る2人は否認している。 発表によると、3人は共謀し、2月20日午前2時頃、同区の多摩川河川敷で、上村君の首を刃物で多数回にわたって突き刺すなどして殺害した疑い。死因は出血性ショックだった。3人は遊び仲間という。
 調べに対し、18歳の少年は終始うつむき、「そのことについては何も言いたくない」と供述。この少年の弁護士は県警に対し、「(少年は)事件当時は自宅にいた」と関与を否定したという。
 17歳の少年2人のうち自称無職の少年は「殺していない。近くにいただけ」、もう1人の職業不詳の少年は「殺した覚えはない」と、いずれも容疑を否認している。
 県警は17歳の少年2人について、26日深夜から27日未明にかけて事情を聞いた。捜査関係者によると、2人のうち1人は「18歳の少年が(上村君の)首に刃物を刺すのを見た」と話したという。
 26日夜には18歳の少年の弁護士が川崎署を訪れ、「本人を連れてくる」と告げ、27日午前、少年は弁護士に伴われて同署に出向いた。
 捜査関係者によると、遺体発見現場付近にある防犯カメラの映像の解析などから3人が浮上。死亡推定時刻の直前、上村君と現場に向かい、3人だけで立ち去った疑いが濃厚になった。スマートフォンの無料通話アプリ「LINE」の通信履歴から、3人のうちの1人が19日夜、上村君を呼び出すメッセージなどを送っていたことも確認された。県警はこうした状況証拠から、事件当時、上村君に危害を加えることが可能だったのは少年3人に絞り込めると判断。「刃物で刺すのを見た」とする少年から、当時の経緯を詳しく聞く方針だ。
 上村君の知り合いの男性(20)によると、グループの人数は約10人で、上村君は昨年11月から一部のメンバーと一緒に行動するようになった。逮捕された18歳の少年がリーダー格で、上村君は昨年12月、少年と知り合った。
 少年は1月14日、横浜市内の駐車場で、「LINEのメッセージへの返信が遅い」などとして、上村君を地面に正座させ、10分以上殴り続けた。この時は、一緒にいた別の少年が間に入り収まったが、以降、上村君は「(グループから)抜けたい」と言い始めたという。上村君は1月8日の冬休み明けから学校に姿を見せなくなっていた。
 県警は上村君を含む4人の関係を調べ、動機の解明を進めている。
2015年02月28日 08時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

川崎・中1殺害:「近くの飼い猫に危害」逮捕のリーダー格
http://mainichi.jp/select/news/20150227k0000e040228000c.html
毎日新聞 2015年02月27日 12時30分(最終更新 02月28日 18時13分)

川崎・中1殺害 「殺されるかも」友人に 万引断り暴力明かす
東京新聞 2015年2月24日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015022402000135.html
川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学一年上村(うえむら)遼太さん(13)=同区=が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、上村さんが一月ごろ、付き合っていた若者グループ内で暴力を受け、「殺されるかもしれない」と周囲に漏らしていたことが、友人への取材で分かった。上村さんはグループから万引や不登校を強要され、抵抗していたという。神奈川県警捜査本部もこうした情報を把握し、上村さんの交友関係を中心に捜査している。
 小学校時代からの友人によると、上村さんは昨年十一月ごろから、地元の若者グループと付き合うようになった。上村さんは知人の紹介でグループと知り合ったが、今年一月ごろに万引を命じられて断ったところ、激しい暴力を受けたと明かした。 上村さんは今年に入り、中学に登校しなくなっており、「グループから学校に行くなと言われている。学校に行きたい」と漏らしたという。 友人はスマートフォン向けの無料通信アプリで、上村さんから「どうすればいいのか」「殺されるかも」などのメッセージを受けていた。 友人が上村さんを最後に見かけたのは、遺体で見つかる数日前。上村さんは同区内で数人のグループと一緒におり、顔が暴行を受けた後のようにはれていた。グループと一緒にいたため、話し掛けることができなかったという。友人は「ちゃんと話を聞いて、止めてあげられたら…」とうつむいた。
 また川崎市教育委員会によると、遺体が見つかる四日前の今月十六日、上村さんは、中学の担任教諭からの電話に対し「そろそろ行こうかな」と登校の意思を示していた。担任は一月八日以降、上村さんや保護者に登校を働き掛けるため、電話を三十四回、家庭訪問を五回していた。
◆複数の刃物使用か
 上村遼太さんの殺人・死体遺棄事件で、上村さんの首に深さ数センチに達する刃物の傷があることが、捜査関係者への取材で分かった。現場近くでカッターナイフの刃が見つかっているが、神奈川県警捜査本部は傷の形状などから、より大型の別の刃物が使われた可能性もあるとみて捜査。複数の人物が複数の刃物を使って殺害した可能性を視野に調べている。 捜査関係者によると、遺体には刃物で刺されたり、切られたりしたような傷が多数あり、首に集中していた。数センチの深さまで刺された傷もあり、致命傷につながったとみられる。遺体発見現場付近の河川敷で見つかったカッターナイフの刃には血液が付着しており、捜査本部が鑑定している。
 一方、川崎市消防局によると、死亡推定時刻から約一時間後の二十日午前三時ごろ、遺体発見現場の南東数百メートルにある公園のトイレで発生した火災で、炭化した燃えかすから靴底のような物が見つかった。捜査本部は上村さんが履いていた靴を、犯人が焼いた可能性もあるとみて調べている。

2015.2.23 22:00更新 産経ニュース
【川崎中1男子殺害】友人に「殺されるかも」 年上グループから暴力と
http://www.sankei.com/affairs/news/150223/afr1502230016-n1.html
川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で中学1年の上村遼太君(13)=同区=の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で、上村君が友人に対し、今年に入り、年上のグループから暴力を受けていることを打ち明け「殺されるかもしれない」と漏らしていたことが23日、この友人への取材で分かった。
 友人によると、上村君は昨年11月にグループと関わるようになった。抜け出したかったが「やめると言ったら暴力も激しくなった」と悩んでいた。今月中旬、グループと一緒にいた上村君が顔などを腫らしていた、との目撃証言もある。
 神奈川県警川崎署捜査本部は上村君の交友関係を中心に捜査を進めている。
 捜査関係者への取材で、抵抗した際にできる「防御創」が上村君の手のひらになかったことも判明。遺体近くで荷物やケーブルを束ねる結束バンドが切断された状態で見つかっており、捜査本部は手を縛られて身動きが取れなかった可能性があるとみている。
 河川敷近くの防犯カメラには数人が写り、その後、1人少ない人数で戻ってくる姿が写っていた。いなくなった1人は上村君とみられる。

川崎中1男子殺害 残虐手口「イスラム国」悪影響か 「年上グループ」聴取へ (1/2ページ)
2015.02.24 zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150224/dms1502241700013-n2.htm

リーダー格18歳少年、酒に酔って狂暴化…川崎中1殺害
スポーツ報知 2月28日(土)7時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000011-sph-soci
「酒を飲んで酔っぱらって暴れ出すと誰も怖がって止められなかった」
 逮捕されたリーダー格の少年(18)と幼なじみだという川崎区在住の男性(20)が27日、少年が上村君に暴力をふるった様子を克明に証言した。
 男性は昨年11月ごろ、男性の弟(17)を通じて上村君と知り合い遊ぶようになった。この仲間は十数人のグループで、逮捕された少年がリーダー格だった。
 男性が上村君を紹介したのは昨年12月26日。川崎市内の遊興施設だったという。しかし年が明けると、命令に対して従わない上村君を、少年は「生意気だ」とどなりつけ、殴るようになった。
 暴力は次第にエスカレートし、上村君は1月14日夜、横浜市内の駐車場に呼び出され、翌日未明にかけて顔面が別人のように腫れ上がるほどの暴行を受けた。現場には男性を含む遊び仲間約7人がいた。18歳にもかかわらず発泡酒を飲み、酔うと凶暴化していたという少年は、この時も泥酔状態。上村君は正座したまま30分以上殴る蹴るの暴行を受けたという。
 男性は「もうボコボコでした。カミソン(上村君の愛称)は怖くて無抵抗のままでした」と話した。2年前に交際していた女性を巡り、少年から同様の暴行を受け、鼻骨を折られたという男性は、「(上村君を)助けに行こう」と思ったが、怖くて動けなかった。
 上村君は暴行を受けた数日後、中学校の先輩に相談した。そのことが少年に伝わり、「チクったな」と逆恨みされていたという。
 少年は、通っていた定時制高校を半年前に退学。逮捕時は職業を「無職」と説明した。男性によると、派遣会社に勤め、いつもズボンとバッグに2本のカッターナイフを携帯し「仕事で使うんだよ」と自慢げに話していたという。
 少年と同じ高校の全日制に通う男子生徒は「昔から自分より年下の人間を子分のようにして威張っていた」。「中学生の時から友人の金を盗んだり、ケンカで顔が骨折するまで殴っていた」と話す生徒もいた。校内では事件直後から、「犯人なのではないか」という噂も広がっていたという。
最終更新:2月28日(土)7時5分

リーダー格少年は「調子のいいやつ」…川崎中1殺害
スポーツ報知 2月28日(土)7時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000013-sph-soci

川崎・中1殺害:自宅に夜間、迎えの男ら 近隣住民目撃
毎日新聞 2015年02月26日 07時50分(最終更新 02月27日 09時49分)
http://mainichi.jp/select/news/20150226k0000m040173000c.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。