スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクシーはガザで子猫を描いた パレスチナの人々の苦しみを知らせるために【画像】

http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/27/new-graffiti-works-in-gaza_n_6766358.html
The Huffington Post UK | 執筆者: Ryan Barrell
投稿日: 2015年02月27日 19時02分 JST 更新: 2015年02月27日 19時02分 JST
世界的に有名なイギリスの覆面ストリートアーティストのバンクシーが、パレスチナ人自治区のガザで、新しい作品シリーズを公開した。

この新シリーズは、2014年7月8日に始まったイスラエルによる「ガザ侵攻」でパレスチナ人の家屋1万8000棟が瓦礫と化したことを受けて制作されたものだ。

2014年にガザ地区で行われた8回の空爆では、多数の子供たちが殺害された。国連の報告によれば、7月8日以来パレスチナ側の死者は2097人以上にのぼり、そのうち7割が民間人だという。

2カ月に及ぶ空爆によって多数の民家が破壊されたが、家を建て直すためのセメントの搬入も認められなかったと報道されている。また、アムネスティ・インターナショナルは、このガザ侵攻でイスラエルが戦争犯罪を行ったとして非難した。

バンクシーは、2005年にもヨルダン川西岸地区でいくつかの作品を描いているが、今回は、ガザの苦しみを記録するドキュメンタリー風の作品を、4つの新しいグラフィティアートとして残した。
「地元の男性がやって来て『これはどういう意味なんだ?』と聞いてきたので、こう説明した。自分のウェブサイトに写真を投稿して、ガザの破壊された姿に焦点を当てたいのだ、と。インターネットの人たちというのは、子猫の写真しか見ないものだから、と」ー バンクシー
slide_406376_5077602_free.jpg


「Bomb Damage」(爆弾による被害)と名付けられたこの作品は、ロダンの「考える人」からアイデアを得たという。
slide_406376_5077604_free.jpg

slide_406376_5077606_free.jpg

「強者と弱者の間の紛争を無視しようとするとき、われわれは強者の側に立つことになる。中立になるのではない」(壁に書かれている言葉)

「ガザが『世界最大の野外刑務所』とよく言われるのは、人々がここに、自由に入ることも、そして出ることもできないからだ。だがこの例えは、本物の刑務所にとって少々失礼だ。ガザでは、電気や飲み水が急に止まってしまうことがほぼ毎日あるのだから」ー バンクシー

ストリートアートは、パレスチナで非常によく見られるアートで、落書きはパレスチナ人の苦しみを大衆に伝える新しい手段として利用されている。

ムザ・アブ・アヤシュやマジド・アブデル・ハミドといったアーティストたちが、占領地域内のあちこちに、スプレー式塗料やセメントを利用した作品を残し、イスラエルの支配下にある生活に対するユニークで興味深い視点を描いている。

Film by street artist Banksy highlights plight of Gaza
By Laura Smith-Spark, CNN
Updated 1806 GMT (0206 HKT) February 26, 2015
http://edition.cnn.com/2015/02/26/middleeast/gaza-banksy-film/

The short film begins like a glossy travel commercial. "Make this the year YOU discover a new destination," urges the text on screen, against the backdrop of an airplane wing and fluffy clouds.

"Welcome to Gaza," it continues. "Well away from the tourist track."

But it soon becomes clear that this is a rather different kind of trip. The camera appears to plunge down a poorly lit tunnel, emerging into a scene where children wander among rubble.

The film, less than 2 minutes in length, is the latest work by the elusive British street artist Banksy, whose identity remains unknown.
Making use of sharp irony, his own artwork and the rubble-strewn streets of a territory shattered by last summer's conflict between Israel and Hamas militants, he shines a spotlight on the suffering of ordinary Palestinians.

"The locals like it so much they never leave. (Because they're not allowed to)," the film, posted on Banksy's official website, continues.



Using the language of glossy brochures, it describes the territory, whose borders are largely controlled by Israel, as "nestled in an exclusive setting" and says it's "watched over by friendly neighbours."

But then comes the reality check. "In 2014 Operation Protective Edge destroyed 18,000 homes," it says, referring to the Israeli military operation that targeted Hamas militants firing rockets into israel.

The first glimpse of Banksy's own distinctive graffiti comes about halfway through what's effectively a hard-hitting mini documentary.

We briefly see the artist at work, his face concealed by a hooded jacket. An image of what looks like a Greek goddess weeping, head in her hand, emerges on all that remains of a destroyed building.

Titled, "Bomb damage, Gaza City," it was also published on an unofficial Twitter account for Banksy.

Another image stenciled on a pockmarked wall depicts a white kitten, pink bow around its neck, appearing to play with a ball of rusty wire. The film shows a group of children at play in the rubble beside the image.

A Palestinian man tells the camera: "This cat tells the whole world that she is missing joy in her life."

In text accompanying the image on his official website, Banksy writes: "A local man came up and said 'Please - what does this mean?' I explained I wanted to highlight the destruction in Gaza by posting photos on my website -- but on the internet people only look at pictures of kittens."
Another of his stenciled images shows what appears to be a watch tower transformed into a children's fairground ride with swings.

Banksy's caption on his website states: "Gaza is often described as 'the world's largest open air prison' because no-one is allowed to enter or leave. But that seems a bit unfair to prisons - they don't have their electricity and drinking water cut off randomly almost every day."

The film ends with a shot of a quote written on a wall, from the late Brazilian educator and thinker Paulo Freire. It's not clear if Banksy painted the words there or came across them.

"If we wash our hands of the conflict between the powerful and the powerless we side with the powerful - we don't remain neutral," it reads. Chickens peck in the dusty ground by the wall, perhaps another symbol.

The United Nations has said more than 2,100 Palestinians were killed in the conflict in Gaza. According to U.N. estimates, at least 70% of the Palestinians killed were civilians, but Israel reports a higher number of militants among the dead.

On the Israeli side, there were 68 casualties, 65 of them soldiers and three civilians.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nowhere

Author:nowhere
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。